blogblogFOOVERブログ

京都の名店 『草喰なかひがし』の秘密の料理教室

2018.03.13レッスン

こんにちは。

グルメスタジオフーバーのコンドウです。

今回は、「水野真紀の魔法のレストランR」プロデューサー、ひらいなおと氏のプロデュース企画第2弾ということで、京都で最も予約が取りにくい店の一つと言われている「草喰なかひがし」の秘密の料理教室を開催いたしました。

「SNSなどインターネットへのレシピ公開絶対NG!」のルールのもと、実際のお店のレシピを教えて頂ける、大変貴重なレッスンでした。

最初は、「なかひがし」のメインでもあるお米の炊き方の講義からスタートしました。今のお米の特徴にあった米の研ぎ方や、特徴的な水の含ませ方、そして炊く際の米と水の計量方法を教えて頂きました。

普段は店のバックヤードで行っているので、中東シェフ曰く、本邦初公開!のなかひがし流の美味しいご飯の炊き方を教えて頂けました。

続いて、実習の1品目でもある赤・白蕪鰆膾/冬野菜・菜の花 旬のお魚料理では、諸子の炊き方から、通常とは一風変わった菜の花の調理方法、店で使用している調味料と使用方法を教えて頂き、蕪はきれいに花びらのように盛り付ける方法を学びました。

中東シェフの説明は、食材の特徴を最大限に活かす調理方法で、食材への想いがとても強く感じられました。また、とても丁寧に教えて頂けるので、参加者の方々もとてもきれいな花びらのような蕪漬けを完成させていました。

続いての山田農園・鶏のすき焼きでは、生まれたての卵と昨晩捌いた鶏肉(実際の親子)を使用し、すき焼きをつくりました。こちらも、葱の切り方や麩の戻し方など、細かい部分での食材を美味しく食べる為のこだわりが非常に多い、学ぶ点の非常に多いすき焼きでした。

そして、最後は卵かけご飯。こちらも、同じ玉子を使用し、からすみも違う状態で2種使用するという、中東シェフ流にいうところの「CTKG」

一人ひとりの卵かけご飯を中東シェフが盛り付け、参加者の方も大満足の一品でした。

レッスンは、全体を通してひらいなおとさんが、皆さんが聞きたくなるような内容を質問しながら進めて頂き、参加者の方々からの質問タイムもあり、普段聞けない調理方法や食材のことを皆さんたくさん質問され、活気のあるレッスンでした。

秘密の料理教室は、不定期開催となっています。

次回の開催が楽しみです!

LessonLesson今おすすめのレッスン

SNSSNSソーシャルメディア

Instagram

AccessAccessアクセス

グルメスタジオフーバー
〒550-0015
大阪市西区南堀江1丁目20-1
日通南堀江ビル2階(堀江公園の南側)
地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅より徒歩5分(5番・6番出口) 道順詳細
JR難波駅より徒歩10分(北出口) 道順詳細
年中無休※年末年始を除く
電話番号:06-7507-2346
電話受付時間:11時~19時
※朝にレッスンがある日はレッスン開始1時間前から、夜にレッスンがある日は19時30分まで受付けしております。
※併設のベルメゾンライフスタイリング堀江が営業時間外の場合は、公園側入り口が閉まっておりますので、東側の入り口階段よりお入りください。
Google Map